1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 未分類
  4. » 面談セッション報告(7月29日、その2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

面談セッション報告(7月29日、その2)

日時:7月29日(金)18:00~19:00
場所:川内北キャンパスBee ARENA Cafe
参加者:木村、高倉、他1名

 本日3回目のセッションは、川内北キャンパスの購買書籍店でお仕事をされている職員さんのお話でした。参加人数は少なかったですが、Bee ARENA Caféの外のテーブルで夕方の心地よい風に吹かれながらじっくりお話をうかがうことができました。
 今回お話しいただいた方は、地震に対する備えも以前からきちんとされており、地震後もたいへん理性的に対応されていた様子が印象に残りました。水や食料にもほとんど困らなかったとのことです。また、ご自宅が大学から近かったということもあり、地震の翌週からは職場に出て、復旧活動と店の再開に尽力されました。川内北の購買は、在庫を使ってすぐに営業を再開しただけでなく、大学生協連合のネットワークを利用しながら3月中ずっと短い時間であっても店を開け続け、大学関係者に食料などを供給し続けたとのことです。また、年度末の震災ということで、新年度の教科書仕入れに関する御苦労などもうかがうことができました。
 このように地震に積極的な姿勢で向きあってこられた話者ですが、余震や原発問題が話題になるとやはり不安感を口にされていました。今回の震災をめぐるあれこれがいまだ収束していないことを改めて感じます。
(文責:木村)

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://toushinroku.blog.fc2.com/tb.php/29-c0d925f3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

プロフィール

とうしんろく

Author:とうしんろく
2011 年3 月11 日の東北地方太平洋沖地震は宮城県を含む東北地方太平洋沿岸を中心に広範な地域で未曾有の被害をもたらし、その影響は現在も続いています。私たちは東北大の人々がどのような形で被災し、そして現在までの過程を経てきたのか、それぞれの個人的で主観的な体験と記憶を相互に共有するとともに、それらを記録していく必要があると思い、このプロジェクトを立ち上げました。震災で何が起き、どのようにその後を生き延びてきたのか、どのような活動をしてきたのか、自ら語り、自ら聞き、自ら記録して共有する機会を設けることが、自分たちのために、そして社会のために重要であり、必要であると考えるからです。

経験を共有することは私たち自身にとってある種の救いになるかもしれません。少なくとも社会の共感性を高めていくことに連なっていくと思います。なによりも 3.11 大震災を忘れないために、そして我々自身が希望を見つけていくために、自らがどのように生き延びてきたのか、その経験を共有し記録する<東北大学震災体験記録プロジェクト>(略称:とうしんろく)にご参加ください。
【連絡先】
高倉浩樹、木村敏明
E-Mail:
toushinroku●gmail.com
(●→@)

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。