1. Top
  2. » 2011/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

通常セッション報告(7月29日)

日時:7月29日(金)12:00~13:00
場所:文学部棟1階学生談話室
参加者:木村、高倉、土佐、他5名

 お昼のセッションでは、新しく3人の方に来ていただきました。まず、福島県出身の学生の方からは、帰省先から仙台に戻る高速バスのなかで地震にあったというお話をうかがいました。仙台に到着後、福島に帰りたいという他の客と一緒に、そのまま回送となるそのバスに乗って、福島のご実家へ戻ることにしたといいます。道中、封鎖された高速道路はもちろんのこと、通行止めになった一般道を避けつつ、運転手が機転をきかせながら福島へ向かったときの様子を話してくださりました。また、ご実家の様子については、地震そのものの被害はそれほど甚大だったわけではないものの、やはり原子力発電所の事故が大きな関心事となっていたことが印象深かったです。地震や津波といった自然災害だけではなく、発電所事故もまた日々の生活に大きな影響を与えていることを改めて感じました。
 続いて、東北アジア研究センターの職員である2人の方からもお話をうかがうことができました。同センターの建物は今回の地震による損壊で現在も利用できない状態にあります。利用不可となったために、職員の方がたは文学部棟へ移動することとなり、パソコンなどの仕事に必要な物品を徐々に持ち運びながら、業務を再開していったそうです。3月の地震以降、大学内では徐々に以前の状態をとり戻しているようにみえる一方で、今もなお元の建物に復帰できないまま日々の仕事をされている方がいることを今回のお話では痛感いたしました。
(文責:土佐)
スポンサーサイト
プロフィール

とうしんろく

Author:とうしんろく
2011 年3 月11 日の東北地方太平洋沖地震は宮城県を含む東北地方太平洋沿岸を中心に広範な地域で未曾有の被害をもたらし、その影響は現在も続いています。私たちは東北大の人々がどのような形で被災し、そして現在までの過程を経てきたのか、それぞれの個人的で主観的な体験と記憶を相互に共有するとともに、それらを記録していく必要があると思い、このプロジェクトを立ち上げました。震災で何が起き、どのようにその後を生き延びてきたのか、どのような活動をしてきたのか、自ら語り、自ら聞き、自ら記録して共有する機会を設けることが、自分たちのために、そして社会のために重要であり、必要であると考えるからです。

経験を共有することは私たち自身にとってある種の救いになるかもしれません。少なくとも社会の共感性を高めていくことに連なっていくと思います。なによりも 3.11 大震災を忘れないために、そして我々自身が希望を見つけていくために、自らがどのように生き延びてきたのか、その経験を共有し記録する<東北大学震災体験記録プロジェクト>(略称:とうしんろく)にご参加ください。
【連絡先】
高倉浩樹、木村敏明
E-Mail:
toushinroku●gmail.com
(●→@)

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。